中古車オークションなら安く買って高く売れる?

車を安く買う手段として中古車オークションが注目されていますが、同じようにオークションを使うことで、車を高く売ることもできます。

オークションを利用するメリットは中古車販売店や中古車買取店といった中間業者を通さないことで、無駄なマージンをなくすことです。これによって安く買ったり、高く売ったりということができるというわけです。

ただし、オークションならではのコストも理解をしておく必要があります。一般の人は、直接オークションに参加ができないため、オークション代行業者を通す必要があります。そのため代行費用というものがかかります。3万円程度のところが多いようです。

その他、車を売るということは、オークションに車を出品するということです。そして出品するには出品料というコストが発生します。これはオークション会場に支払うものです。大体1万円くらい。この出品料は仮に落札されなかったとしても返金されませんので、あまり欲をかいてしまうと残念なことになってしまうこともあります。

またオークション会場に車を持ち込まなければならないため、陸送費という車の運搬費用がかかります。これは自宅とオークション会場の距離次第なので、倉敷市内の自宅からどのオークションに参加するかで金額が変わります。

車を安く買えて、高く売れると、一見バラ色に見える中古車オークションですが、実はそれなりに面倒くさい(笑)し、費用もかかります。

先程お話したように売れなかったら自己責任で出品料がなくなってしまったりもするので、ちょっとリスクもありますね。こうしたポイントをしっかりと押さえた上で、賢くオークションを利用しましょう。

 

倉敷市は自動車事故の少ない街?

はじめまして。倉敷車情報局長です。

なぜ倉敷かといえば、単に私が住んでいる街だからというのが理由です。他意はございませんが、歴史ある街並みがとても美しい倉敷から発信できるのはとても嬉しいことではあります。

さて、車情報と言っても、私が自動車メーカーの研究員で、新開発モデルの情報をリークできるとか、誰も知らない技術の話ができるとか、そういうことは一切ありません。

一般消費者のひとりとして、気になった車関係のニュースや、興味深いテクノロジーに関する情報などを共有したり、私見を述べさせてもらったりということをしていきたいと思っています。

最近、自動車の事故に関する嫌な報道が増えているように感じます。これまでのようにお酒を飲んだ上での事故、仕事上の過労による事故、お年寄りによる操縦ミスによる事故に加えて、いままでなかったような一部の人間の意図的な悪意による事故などが増えているような気がします。

このような自分自身で避けることができない事故などが増えるようになると、私達に取れる選択肢は2つしかありません。自動車に乗らないか、万が一そうした不運に巻き込まれても自分の身を守る手立てを取ることです。

公共交通機関が充実した都会の一部を除けば、車がなければ普段の生活が大変な人は多いと思いますので、車に絶対乗らないという選択肢はなかなか取れるものではありません。そうなると自分で身を守る手段を講じるしかないのではないかと思います。

倉敷市のある岡山県は全国で人口あたりの事故発生件数がワースト12位(平成28年度)です。10年前にワースト5位だったことを考えれば随分と良くなりましたが、まだまだ全国的に下の方です。倉敷市も決して事故の少ない安全な街ということではないでしょう。

いざというときに自分の身を守れる車かどうか?

これからの車選びはそのような観点が重要になっていくのではないかと思います。